稲垣和俊戯曲集

戯曲集をここに。

アタシ、刺される

「アタシ、刺される」
 
  女、いる。
  男、歩いてくる。
  男、手にナイフを持っている。
  男、女を刺す。
  刺された女、驚き、刺された箇所を押さえ、倒れ始める。
  刺した男、ナイフを抜き、その刃の血を眺める。
 
女  えっ、刺された、刺された。痛っ。めっちゃ痛っ。って、あれ。もうなんか痛ない、あれ、痛い?いや、痛ない、全然、うわ、うわうわ。めっちゃ血出てる。うわ最悪。めっちゃ血出てる。っていうかめっちゃ血出てる。あっ、やっぱり痛い。っていうかめっちゃ血出てる。最悪や。この服買ったばっか。うわ最悪。白。もう絶対着れやんやん。これ。洗濯で落ちやんやん、この色は。うわ最悪。ていうか痛っ。痛さ通り越して痒なってきた。痒っ。クリーニング出したら落ちんのかな。でもこれクリーニング出せやんやろ。これクリーニング持ってったらビックリするで。うわっ血っ。って。箇所的に腹刺された服持ってきてるって。腹真っ赤やわあって。いやいやその前に、刺された時点で、破れてるやないかいーっ。穴空いてますやないかーい。新品新品。一万ぐらいしたのに。しかも白。穴空いてますやないかーい。ルネッサーンス。アッハッハッハッハ。痒っ。痛痒い。っていうか死ぬ。これ死ぬやろ。クリーニングのこととかの前に死ぬやろ。うわお。死にそー。っていうか痛痒い。掻きむしりたいわ。この傷口に手突っ込んで五本の指全部使って、こう引っ掻きたい。ニャースみたいに。うわ、めっちゃ痛そう、それ。今も充分痛いけど。でもそれめっちゃ気持ちよさそう。ニャースみたいに。蚊に刺されたとこ掻きまくって血出るまで掻いたら痛いけどめっちゃ気持ちいやんってそんな感じ。血めっちゃ出てるけど。っていうか何?えっ、なんで刺された。誰。こいつ誰。知らんやん。見たことも聞いたこともないやん。うわ。えっアタシ、なんかした?めっちゃ脳みそ動いてる気がする。脳みそここ一年でフルで動いてるで。なんか脳みそ動きすぎて時間めっちゃゆっくりに感じるもん。脳みその影響かどうか分からんけど。死ぬやん、それ、死ぬやろ。走馬灯やろ。いやいや死ぬ前に死ぬ前に。納得いかんやろ。なんで刺されてんねん。何刺してんねん。えっ何?ストーカー、ストーカーなん。あっストーカーか。これが今流行りのストーカー。そんなん一切気付かんかったわ。ストーカーとかされてたんアタシ。全くそんな雰囲気なかったけど。えっいきなり刺すん。ストーカー。いきなり刺してまうん。最近のストーカー、やめてやめて。段階ってもんがあるやろ。段階ってもんが。まず、なんかつけてきてるとか、無言電話かけてくるとか、なんか知らんけどそういう一連の流れがあってえの刺すやったら分かるよ。いや分からんけど、まだ分かるよ。えっいきなり刺す。そんなんありえる。何して欲しかってん。アタシに何して欲しかってん。なんか振り向いて欲しかったとかよく言うけどテレビとかで見るけど、刺したら振り向くもなにもっていうか自分のものにしたかったって言うけど、自分のものにしようとする努力なしでいきなり刺すって。まだつけたり無言電話してくる奴のほうがよっぽど努力してるわ。好感もててきたわ。こいつに比べたら。いや、してくれてたん、もしかしてつけたり無言電話してくれてたりして、アタシが鈍感すぎたってパターン。めっちゃつけてくれてんのに気付かんかっただけとか。あっ、ごめんごめんそれなら納得。アタシもちょっと悪いわ、気付けやボケっ。もう刺したるわいっ。てね。いやいや、悪ないやろアタシ。ストーカーやろ、全面的に悪いのは。ストーカーしてる時点で悪いやろ。っていうか何刺してくれてまんねん。痛いやろが。めっちゃ。うわ、思い出してもたやん。痛さ。最悪。痛っ。一瞬めっちゃ忘れてたのに、ていうか時間経つん遅っ。アリの感覚で世界見てるみたいやな、あれ、象やったっけ、昔、世界一受けたい授業かなんかでやってたけどアリやっけ、象やっけ、どっちか忘れたけどそのどっちかがめっちゃ見てる世界早くて、どっちかがめっちゃ見てる世界遅いっていうやつ。どっちやったっけ。でもアリはチッチャイから他のモンがおっきいから、遅見えるんか、いや、アリの生涯は人間とか象に比べて短いから早く動いてるんやっけ、そうそうだから今この感覚は象に近いねんな。象の目で世界見てるわけや。うわスッキリスッキリ。もう死ぬ間際の最後のスッキリが象の目で世界を見てることに気付くとは。ちょっと高尚ですやん。詩人の最後に匹敵するかも。詩人の最後てなんやねん。正岡子規かっ。正岡子規しか出てこやんやないかい。うわ、詩人て誰やっけ。正岡子規しか出てこやん。松尾芭蕉俳人やな、詩人っていうか俳句やな。うわ、詩人出てこやん、正岡子規しか。そんな死に方嫌や。正岡子規しか出てこやん死に方。どんな死に方やねん。死ぬ間際、詩人の名前思い出そうとするってなんやねん。谷川俊太郎がおるやん。ああースッキリスッキリ。またスッキリしてもた。谷川俊太郎出たで。夜のミッキーマウス。やったー。谷川俊太郎っ。もっかい言っとこ谷川俊太郎。っていうか痛くない、痛くなかったーって思ったら痛いやん。痛い痛い痒い痒い。あっ、分かった分かった。谷川のこと考えてたら、痛くなかったってことはなんかめっちゃ考えてる時は大丈夫ってこと。へーそっかそっか。あーなるほどね。なんか考えることがあるとええんや。考えること考えること。うっわ、意識してもた、最悪や、意識しすぎて考えれやん、痛い痛い痛い。考えること。あっ、最近、テレビ台の置く位置変えようと思ってたけどどうしよ、いや痛い痛い。どうでもええわ、今テレビ台の位置。どこでもええわ。風水の本とか買っちゃおか痛い痛い、いらんいらん救急車呼んで救急車っていうか、一秒も経ってなくない、刺されてから一秒も経ってないやん、今、この体勢ってことは、すげえな象の目。半端なく遅いやん。ていうかこいつこいつ。考える対象ありましたー。こいつですー。なんで刺したん、おい、ストーカー。いや、やっぱストーカーじゃないんかな、いやあ、アタシのストーカー。なんで刺したん。買ったばっかの服―。ボケカスこらあ。あっ、萩原朔太郎がおった、正岡子規谷川俊太郎萩原朔太郎、こんだけ出れば充分やろ、うん充分充分、あれ?詩人やっけ萩原、あっえっ、刺されるんアタシ。まじか刺されるんやアタシって。そんな刺されるような事した?逆に刺したかったっつうの。エトウ。エトウ刺したかったつうの。エロい眼で見てくんなや。エトウ。地震だーつって昨日もアタシの回転椅子揺らしにきたよなあエトウ。仕事せえ仕事エトウ。アタシの机のボトルガム勝手に食うなや。まだまだ特殊部品の管理は無理ですね。ああはいはい、そうですよ、物覚え悪いですよ。何ヶ月やってんだよー、白い目、天然だよね、白い目、もうー何のために入社したんだよー。何のため?何のために入社したんやっけ。しらねーよ。必死で必死でコネを辿りまくって辿りまくってのやっとこさの入社やっつうの。何のため。生きてくためやろが。お金もらうためやろが。それ以外あるわけないやん。こんなクソ会社。こんなクソ会社に夢なんかあるかよ。夢夢夢。夢どこいったん。なにしたかってん。あー死ぬ。何がしたかってん夢どこ行ってん。あれれ。生涯通しての夢ってなんやっけ。あー結婚しやんかった。とうとう。とうとう結婚しやんかった。夢夢。子供。子供産みたかったアタシ。もう無理やん。真っ赤やん腹真っ赤やん。どっから生むねん。いや治るかね。これ。治るならこっから生むわ。早く種くれ。また刺されたらたまらんし。種種。種を素早くそそぎ込むのだ。そして幸せな生活を家庭を。幸せな生活を。っていうのが早急に手に入るならもう手に入っとるがな。子供だけが結婚だけが幸せな生活ですか。はいはい聞き飽きました。結婚せずとも幸せですけど。子供おらんくても幸せですけど。あとリザードンだけでポケモンコンプでっせ。ポケモン最高。超幸せ。ばーかばーか。幸せ。はあああ。可愛かったなあ。ヨウスケ。楽しかったなあヨウスケ。子供欲しって思ったもんなあ。なんであんなかわいいん。子供って。めっちゃプルプルやし。分けて欲しいしプルプルさ。いやいやかわいないかわいない。めんどくさいだけやろ子供とか。あほやし。めっちゃ疲れるし。おしっこついてかなあかんし。騒ぐし。でもかわいいよなあー。うん。かわいい。で、種か。あーエトウムカつく。お前の顔など見たくない。種欲しいね。でも一緒に育ててくれんと。一人じゃ無理やん。お金的にも。だからエトウいらんねん、一緒に育てる相手おらんと。月収十七万。一人で精一杯。一緒に育ててくれんと無理無理。ていうか種貰う相手おらんと、そもそも。あー、嫌な名前思い出した。セガワ。セガセガセガワ。セガワと一緒におるん想像できやんわー。セガワとセックスしまくってたなあ。一時期。あいつどうしてんのやろ。セガワ。でもさあ、セガワってさあ、ちょっとさあ、っていうかちょっとっていうかさあ、セガワはさあ、違うやん。セガワはさあ、違うやん。相性的に、いや人間的に。いやそういう目で見れやんかったし。結局。ていうかそういう気なかったやんセガワ。エロいことばっかしてたやんセガワ。あああ。あの過去だけやり直したいわ。あのメールだけ消し去りたいわ。ていうかセガワから何年経ってんのやっけ。五年いや六年。そうそう、いやアタシが悪ないし。あいつからメールしてきたからやん。いやラインや。ライン、セガワの時メールやったからなあ。ラインライン。うっとしいわ。この人友達かもにセガワずっとおったからなあ。やたらとセガワフューチャーやったからなあ。この五年間セガワ思い出してまうん、ラインのせいみたいなとこあるからなあ。だからライン嫌いやねん。でもみんなやってるからなあ、今更やめれやんしなあ。っていうか今更辞めるもなにも死ぬって、時間経つん遅すぎ、ていうか動いてる?動いてるんは確かでええんよね。いや動いてる動いてる。さっきより全体的になんか下がってるもん。下がってる、おっ、ちょっとこれはやめようぜ早く倒れようぜアタシ。なんでこんな遅いねん。アタシ。あれ、何してん。おいアホっ。おいタコっ。何してん。何切っ先見つめてん。赤々とした切っ先。あああ、やってもうたって顔してん。なんの顔やねん。後悔。興奮じゃないよね。えっ、何これ?何これって顔してる。興奮しろやせめて。誰もプラスにならん事態かよ。喜べや。負の連鎖やん。お前が下がってたら。おおーいアタシの死を無駄にするつもりかよ。えっ、刺したらそうなるん。人間刺したらそうなるん。喜べ喜べ。やったやん。刺せたやん。刺したってことは刺したかったんやろアタシ。なんで刺したんか知らんけど。刺せたやん。やったやった。うれしいやん。最高やん。それ。いやっほおい。ってジャンプして跳ねて喜べや。その顔やめろやその顔。やーめーてー。その微妙な顔よ。あっそうかそうか、まだ一秒も経ってないからか。なるほどなるほど。あーまたなんかエトウ。なんでエトウなん。っていうかせめて。刺したかったんちゃうん。違うんか。あれ、もしかして。頼まれたとか誰かに。誰かに頼まれてえの刺した。殺し屋。こいつ。いや殺し屋じゃないよな。雰囲気。殺し屋っつったらもっと殺し屋やろ。なんか、銃持ってるとか、白スーツとか。あっ、これゴルゴの影響か、ゴルゴやなこれ。やっぱ誰かに恨まれてんのかなアタシ。エトウ。エトウは頼まんやろ。刺したいんこっちやし。アタシに恨み持ってんの誰やねん出てこいやっ。えーとーえーとー、だれーやーだれーだー、はっはっは、恨まれやんやろアタシ、ムカつかれてるのはあると思うけど。刺すほど恨まれるわけないやろ。ってさかのぼってさかのぼってしてたらありましたわ。さかのぼって高校生、いや中学生、いや高校時代。そう高校時代よ。ヨシコ。ヨシコの彼氏とったわ。とったわっていうか知らんかってん。彼女おるって。分からんやんそんなん、カワサキ。そうそうカワサキカワサキ。あの時のヨシコ怖かったな。もうめっちゃ修羅場やったもんな。修羅場ってこれかって感じ。人生初修羅場。かっこいい。人生初修羅場。っていうか違うからね。カワサキやん、誘ってきたん。っていうかよくよく話聞いたらカワサキもそんな悪くなさそうやったし、ヨシコの一方的なやつっていうん、ちゃんと付き合ってなかったんやろ。ヨシコが勝手に付き合ってる感だしてたんやろ。だってするやん誘ってきたら。そこそこ好きやったし。っていうか、ごめん、って言ったっけ。いや言ったところでみたいなとこあったからな、言ってへんかも。あーー今言うとこ、いや言う必要ある?ごめんて、そんな悪いことしてへんし、いやそりゃヨシコにとったら悪いことしたかもしれへんで、そりゃそうやんヨシコ来たときやってたんやから、でもあくまでヨシコ主観やから、でもアタシ的に知らんかったんやから、彼女おるって、いやそう考えたらカワサキ結構あれやな、男男してたな、グイグイしてたな。まじで。肉食的やん。わおわおセガワ最悪やったな、全部アタシからやもんな。親しくなるまで、全部アタシからやもんな、どエロイ女みたいやん、いや違う違う。あいついっつも勃ってたからね。ちょっと手繋いでたら勃ってたし。カラオケ二人で行ったら、密室ってだけで勃ってたからな。それやのに何もしてこやんやん。アタシ待ち。アタシの動き待ち。わおわおセガワー。ちょっとそれないんちゃうん、ほんでセガワ、いつでも触れる雰囲気になってきたらめっちゃセガワからやったもんな。セガワいきなりおっぱいさわるからな、うわっカワサキもそうやった。いきなりおっぱいやった。そこは共通してんのや。でもやっぱカワサキのほうがよかったかもな、いーや思い出せやんけど、っていうか一回だけやったからかな、すばらしく感じるんわ。この一回っていうのがまた、いやいやいやいや全然やったわ、最悪やったわ。初めてやもん。カワサキじゃない、あいつやあいつ。あー名前出てこんあいつ。めっちゃ良かった、めっちゃ、もう虜やったもんね、あの時期、セガワん時はセガワが虜になってただけで、こっちは基本的には冷静さがあったからな、でもあのラインだけなかった事にして欲しいな、あのライン。だって寂しかってんもん誕生日~。ひとり~。で、ラインしてきたやろ、セガワ、まさかのセガワだけ。そうあの日セガワだけおめでとうしてきたやん、そりゃラインしちゃうやん、でもやっぱやめときゃよかったー、返事こやんし、既読しないするーやし、あー死にたいー、ってもう死ぬか、いやほんと冗談抜きで死にそうやもんな。っていうことは最後のセックスセガワになるんか、あの名前出てこん奴としたかった、あれ、なんで出てけえへんのかな。名前名前名前。あー出てこん、カワサキが一回目でセガワが最後か、はあ~、よおーし、落ち込むなめげるな、いよいよ死ぬぞって時に人生の後悔ばっかしててもあれやん。ポジチェブシンキングでいこーぜい。よおーし、ここでまさかの、人生の最後シリーズ、パンパカパーンってことで人生最後のセックスはセガワとということで、このコーナーでは、人生の最後の○○を振り返っていきたいと思いまーす。サーて最初は、人生最後に食べたもの。・・・みかん。みかんや。みかんかー、可もなく不可もなく。みかん。いや食後でも全然食べれるからなあ、みかん。最後みかんか。うんかわいいかわいい。かわいいよ、最後みかん。めっちゃかわいい。うれしいうれしい。あっでもなあ、最後のみかんなんやったらもっと綺麗に皮むいときゃよかったなあ、めっちゃぼろぼろに向いたからなー、そんなんどうでもええねん、また後悔の方向に持っていこうとして、悪いよ、そういうとこ、直したほうがええんちゃう、直したところでってもう死ぬけどって、はあ。このツッコミ飽きてきた。もう死ぬけどってやつ、何回目やねん。ってつい先月まで死にたい死にたいつぶやいてたアタシがもうほんとに死にそうですー、はあ。痛。忘れてた痛かっ痛いタイタイタイ。あー。痒い。あーー熱い、あーーなんか熱なってきた刺されたとこ熱い、痛痒熱いわ。うわーうちわで扇ぎたい、とりあえず冷ましたいけど全然時間経ってへんやん。切っ先見つめてままでいらっしゃる。おいお前、熱い熱い何刺してくれとんのん。ヨシコの差し金か。ってヨシコて。何年前やねん。ヨシコ今ですか。今更刺しますか。ありえへんありえへん。ヨシコはないない。でもやっぱみかんてどうなん。あーみかんかあ、ヨシコかあ。幸せになってそうやなあ。いやヨシコのこととかどうでもええねん。全然親しないし。あれ誰と親しかったっけ。マキ。マキマキマキマキ。元気かなあマキ。何年も会ってないよなあ。ずっと一緒やったからなマキ。休み時間もマキ、弁当の時もマキ、試験勉強は塾やったけど、二人組作れってなったらマキ、バスの席隣マキ、時たまホリカワ。ホリカワーーー、あいつ結婚したからなあ。ホリカワ。まじホリカワが結婚とか、まじか。絶対アタシの方が家庭的感では勝ってたよな。ホリカワに先越されるかー。何年会ってないっけ、フェイスブックで見たな。グアム行ってたな。子供可愛かったな、グアム。グアム行きてー。グアム。家族でグアム。とか楽しそ。グアム。ああーグアムて海やっけ。海以外なんかあんの。グアムか。水着か。はっはっはもう無理やん。グアム行きたくねー。ホリカワめ。あートダ。トダも結婚したもんな。トダって絶対アタシのこと好きやったよなあ。あーカワサキとは肉欲的な関係やったけど、トダは違ったな。うわうわトダとは青春してたわ。トダ。なんかあれ?なんか二人きりになったんよな。あの、文化祭の打ち上げん時。トダと。なんか。電車で。あれ普段から喋ってたのに二人になったら喋れやんかったなあ。トダ。かわいらっし、若き二人。トダ、告白しようとしてたんかな、そうやったら嬉しいよね。トダ。結婚したもんなあ。トダも。あの時間、長かったなあ、二人。でも短かった。一瞬やった気もする。アタシが先降りてんな、ほんならトダも降りてん、まだまだ先やのに、トダ、間違えたっつった。間違えたってなんやねん。間違えるか、普通、次の乗るから、つってなんとなくアタシも待ったんよな。二人で、寒かった寒かった。無言で、なんか喋る気にならんかったし、っていうか喋らんで良かったっていうか、長かったわ多分三、四十分?長かったってあー、あの一瞬。青春やった。トダ。トダ、アタシのこと覚えてるかな、思い出したりすんのかな、そういえば、同窓会で会ったけどそれまで全然忘れてたし、それからもトダのこと考えたりなかったよな、トダ。アタシがこの死に直面する危機的状況でやっと思い出したってことはトダとか絶対忘れてるよな、もしかしたら、ヨシコも、カワサキもホリカワもマキも、いやマキはないか、マキは覚えてるやろ。去年あったし、あれ去年やったっけ、いや二年前、いやいやあんときセガワとなんか三人で出会うみたいな謎の状況やったから、セガワと一緒やったってことは五年前、うっそ、そんな経つ、マキー。覚えてないんかな、っていうかアタシも覚えてないもんね、小学校の時の担任、一年、ユカワ、けばかったけばかったけばかった、それしか出てこん、二年、おっさん、誰やっけ、名前、おっさん、もう出てこん、三年、四年とイオカで最悪やった、イオカ最悪やった、忘れもんしたら後ろ立たされるとかテレビの見すぎ、どこのドラえもんの世界やねん。大掃除ンときよ。女子は教室でワックスかけで男子は校庭でドッジボールてどういうことやねん、一方は超労働の中、一方はなんで普通に遊んでんねん。どういう論理やねん。イオカめっちゃ覚えてる、どんどんイオカ出てくる、うわ、二年のおっさんの名前全然出てこやんのにおっさん、イオカいい思い出ないからなあ、いい思い出、いい思い出せめていい思い出、思い出すん嫌なことばっかやなおいおいおい、走馬灯ちゃうん、これ走馬灯ちゃうん、いやホンマに現実味帯てきたで、走馬灯ちゃいますのん、昔の人のこと思い出しまくってる、走馬灯ちゃうん、わおわお、まじかお母さん出てきてないやん。お母さん今になってやっと、お母さんがやっと出てきたってことに自分の親心に対するショックを隠せないんですけど、まあそんなもんなんかな、逆に。ヨウスケはさっき出てきたけど、ルミの前に、ヨウスケだけ。へへっへ、かわいいから、走馬灯ですか、これが走馬灯ですか、そうですよね、全然時間経ってませんもんね、どういうことですか、走馬灯長すぎ。走馬灯長すぎ、そろそろええやろ、そろそろ地面ついてええやろ、へいへいへいへい、ていうことはホンマに死んでまうんですか、マジで無ですか、無への直前カウントダウンですか、うわー、長すぎとか言ってすみません、長くない長くない、短い短い、全然短い、地面まであとわからんー、ドンぐらいかかって落ちてるのか、未知数、もしかして一気に逝ったりしやんよな、このペースが基本ってことでええんすよね。ええよね、ええよね、あっ、小二の時のおっさん担任思い出した、スナガワやったスナガワスナガワ、えっ、こわ、怖すぎこの時間、恐怖になってきた、えっ、死ぬ前ってこんなんなん。やばない、死ぬ前、こんな喋んの死ぬ前、古今東西、今まで人類誕生してきてから、いや生物誕生してから?何億年、ずっとこれ経験して死んでる?もしかして。いや無理か、人類じゃないと無理か、いや喋れやんし、アノマロカリスとか、三葉虫とか、いやいや、人語じゃないだけか、人語じゃない言葉で喋ってたりして、アノマロアノマロ、アノーマロマロ、あのうマーロ。あのうマーロってなんやねん。アノマロカリス絶対そんなん言わんやろ、ていうか水中やろ、あーそういえば中学んときアノマロカリスに似てる奴おったな、カワグチカワグチ、似てたなあアノマロカリスアノマロカリスて言葉そんな出てくるやつおらんやろ、アタシ以外、いや水中とか関係ないか、水中とか関係なく喋るやろアノマロカリス、多分中学ん時同じクラスにカワグチがいつもいたからな、カワグチの顔見るたびアノマロカリスって心の中でつぶやいてたからな、いや面と向かって言えやんし、流石に、ちょっとどっちかっていうとイケてるグループやったし、いじる側やったし、ミキにだけ言ったら、めっちゃ引かれたな、それはひどすぎやって、でもなんか似てて似ててアノマロカリスそっくりやったんやもんしゃあないやん。いや違う違うカワグチのことじゃなくて走馬灯のこと、みんなこの経験してんのかってこと、えっみんなこんな喋んのかってこと。喋らんか、流石にこんなに喋らんか、だってアタシだけかね、もしくはアタシ世代でアタシぐらいの年で死ぬからか、超ドンピシャかね、アタシ。だって大体が年取ってガンかなんかで死ぬやろ。基本、大体、交通事故とかアタシみたいに刺されたりしやん限り最後老人ホームか何かで。おばあちゃんもそうやったけど、お母さんの方の、どんどん身体動かんくなっていって、介護されながら、最終的にペースト状のもんしか食べれやんくなって、ってそんな最後の迎え方してたらこんな喋らんやろ。喋れやんやろ。喋れんのかな、まさか。ゆったりとしか喋ってなかったで、おばあちゃん。言葉全然出てなかったでおばあちゃん。右手だけ動いてたねん、ご飯食べてるとこみんなで行ったんよね、みんなって言ってもルミとヨウスケとお母さんやけど。右手だけ動いてたねん、ゆっくりゆっくり。右手だけ。ちっさいスプーンでちょっとづつちょっとづつ、あのゆっくりとした右手の動きの裏腹にアタシみたいに、喋ってたんやろか。何喋ってたんやろ、いや喋らんか、アタシは刺されてるからなめっちゃ傷口熱いからな、そんな中で急にやからってのがあるか、この時間、でもあの時のおばあちゃん何考えてたんやろ、子供の時のこととか、思い出してたりして、初恋の時のこととか、アタシがトダの事思い出してるみたいに、ああトダ。また出てきたトダ。だからエトウの顔出てくんなや、トダトダトダトダ、エトウどっか行けや、えっ、トダって初恋なん?初恋ちゃうやろ。もっと前やろ、小学校の時とか好きな奴おったやろ、うっわ、小学校ってうわうわ、アカガワかも。あーー、アカガワにチョコあげたもんな、アカガワに、なんか、給食を一緒に食べるグループによくなってたんね、アカガワ、イコール掃除当番も一緒になんのやけど。給食の時楽しかったねえ、アカガワとの給食、何が楽しかったか覚えてないけど、なんか笑ってたな、小学校んとき、何があんな楽しかったんやろ、毎日腹抱えるくらい笑ってたな。アカガワ漫才するからな、昼休み、小学生の分際で、いやそうそう話しまくってたんアレやわ、吉本新喜劇毎週見てたんよな、とりあえず、休みの日曜は十三時から吉本新喜劇。確定やった。それで共通の、日曜の朝だけちゃうんよな、いつもと。匂いが。朝起きたら、いつもと匂いが違うねん。お父さんが休みやからと、タバコの匂いとアタシが遅起きるからお父さんが好きなインスタントラーメンの匂いが混じりあった朝の匂いやわ。いや昼か。新喜劇見ながらラーメン食うねん、伸びたラーメン、伸びたっていうか柔めのラーメン。お父さん歯悪いから。柔め好きやったからな。これがまっずいまっずい、やっぱラーメンは硬麺。こっち来始めてからしばらくしてバリカタとかハリガネとかめっちゃ硬い麺選べる店出てきたけどうまかったわ、なんかネチャネちゃしてくるからな柔麺。でも食べたい。人生最後に適してるかも、柔麺のインスタントラーメン、いややっぱみかんじゃ物足りませんて、かわいいけど。みかんより柔めのインスタントラーメン。人生最後にオカンが作った肉じゃがとかカレーとか狙いすぎてる感出るからな、別に狙うも何もないんやけどな、でも人生最後に柔麺のインスタントラーメンっていいな、っていうかめっちゃ良くない、狙ってる感なく最後にふさわしいというか、ちょっとなんか感動するよね、これ誰かに教えてあげたい、アタシ死ぬ前にこれ良くないって伝えたいわ、誰かに。ダイイングメッセージ、ダイイングメッセージ書いちゃう、腹の血使って、犯人はコイツだっとか指し示す暗号とか置いといて、人生最後に柔麺のインスタントラーメン食べるって良くない?っていう旨のこと。書いちゃう、長い長い、そんな長い文章書けやんやろ、っていうか文章書けやんやろ。大体インスタントラーメンってのが長いねん、でもラーメンって書いたら、店のラーメン屋と間違えられそうやからな、そこは違うねん勘違いして欲しくないけど、店のラーメンじゃないねん、ちゃんとしたラーメンじゃないねん、店のラーメンで柔麺やったら、この店のラーメンを追求して追求しての結果、最高の柔麺として仕上がりました~ってそういうんじゃないない、あくまでもインスタントのベチャッとしたまずいラーメンじゃなきゃそぐわんの、これ。だから難しいけど、インスタントって文字は入れやなあかんよなあってはいはいはい、名案、商品名でどないでっか、商品名でズバッと、出前一丁。これどうですか、って漢字かあ、書けるかな、漢字、出前てそんな難しくないよ、確かにね、一丁はめっちゃ簡単、問題は出前、出も多分いける、出も多分いける、前かあ、前は三部分あるからなあ、いやいこいこ挑戦挑戦、ラストはやわい出前一丁。これも長いか、ラストはってのもいらんか、やわい出前一丁だけでいいか、はい、ドンっ、やわい出前一丁。・・どういうこと。赤々とした文字で出前一丁。どういうこと。分からんやろ、っていうか遺書書いとけばよかった、遺書書いてたらこんな悩まんで済んだ、人生最後に食べたいのはやっぱ柔麺のインスタントラーメンですよね、ってこれで全て伝えられた、伝えられたって人生最後に伝えたいんインスタントラーメンですか、いやいやいやもっとあるやろ、もっともっと、人生最後に伝えたいこと、もっと大事なこと、あるやろ、えっ、ない?インスタント意外ない?そんなことないやろ、えっないないない、伝えたいことないやん、全然出てこやんやん、お母さんお父さんルミ今までありがとう、ありきたり。ありきたり過ぎ、確かにね、そういう気持ちはめっちゃあるよ、お母さんもお父さんもおらんかったら生きてこれやんかったんやし、でもどこぞの感動ドラマで見るようなありきたりな最後ってどうなん、もっとアタシらしくアタシならではの、アタシしか言えないような伝えたいことってないんかい、はいこれどうですか、ダイイングメッセージで、トダ。これどうですか、最も青春的な恋をさせてくれた、そして言葉にせずに秘めてきたこの想いをワタシの腹の赤々しい血にのせて、トダ。多分書けるけど犯人トダみたいになるな、っていうかダイイングメッセージでトダって書いたら、普通に皆が皆犯人トダと思うよな。いや違う違う、犯人こいつこいつ、犯人の顔丸分かり。でもダイイングメッセージて面倒くさ、こちとら死ぬ直前のものすごい苦しみを味わっている中、わざわざ犯人はこいつだとかどうでもええわ、しかもアタシの場合、全然知らん奴やからね、どうでもええわ、アタシのために犯人見つけますって、ありがとうありがとう、実際でもこの死ぬ間際の状況、犯人とかどうでもええ、もっと大事なことあるやろ、あっ、まさかのこれは、トダって書いたら犯人に間違えられるってことは、逆にエトウって書くっていうのがどないですかい。これ名案、あのムカつくエトウに濡れ衣をきせるという。エトウ容疑者ですよエトウ容疑者、エトウ、えっ。俺?えっ、マジで。ですよ。そりゃね、捜査がしばらく進んだら無事エトウの無罪が判明して釈放されるかもしれやんけど、それまで面倒くさいで~。疑われんのやから、だってダイイングメッセージに名前書かれてんのやから、疑われるで~~へいへいへい、エトウやったんちゃうんって、面倒くさいで~~。頼む~。頼むから、お前すぐ自首しやんといて、お前すぐ自首したらあかんで。すぐ自首したら、エトウ困らんからな、っていうか、こいつすぐ自主したらアタシのダイイングメッセージやばない、逆に。だって犯人じゃないのに名前書くって逆にさっきのトダ的な感覚でめっちゃエトウ好きやったみたいになるやん。わおわおやめて、最悪。お前自首するかどうかにかかってるとか。賭けやな~。こいつ自首するんかね?うーわー、しそうしそう、なんかしそうやめとこ、うんやめとこ。くそう、むかつくなエトウ最後の最後までムカつくなエトウ。おおとやばいやばい、もう倒れるやん倒れる寸前やん、流石に、やばいやばい、ああ痛い、思い出した痛かったん、くそうくそくそくそくそ、腹立つわエトウ、最後の最後まで腹立つ、おおおお、落ち着け、無へのカウントダウンがすぐそこまで、すぐそこまで来てはりますがな、おおお厚生年金とか払いたくなかった、意味ねえ、もっと金使えば良かった、こんなんなるんやったら、最後に最後におおお、エトウのムカつくとこしかでてこやん、エトウのムカツクとこシリーズ、ババン、人を見て態度変える、よく舌打ちする、自分が間違えた修正処理を人に押し付ける、ババン、外面がいいから外部の人には評判が良い、あああ腹が立ちすぎて安定してきた、棒やったら垂直に立ってる、マサコ、ああ、初めて入社した会社の同僚、マサコ、マサコの嫌いなとこ、嫌いな人にとことん冷たい、ババン、ヤマグチ、ババン、できないふりしてメンドくさい作業を押し付けてくる、みんな同じ系統、おおおどんどん出てくる、どんどん出てくるで、嫌いな奴、タナハシ、アマノ、テッチャン、ユミ、ヒロシくん、サワタリサワタリ、おおうサワタリ、って嫌だやめてやめて、人生最後に嫌いな奴いやだ、好きやった奴の名前名前、好きやった奴ってなんやねん、好きやった奴、トダ、カワサキとか、ミキ、ホリカワ、中学校やったら、ノブコ、コタニ先輩、小学校で、アカガワ、サッチャン、いやいやもっとおるやろ、マーチャンマーチャン、マーチャンおった、昆虫博士、あー、どうでもいい、そんなんどうでもいい。好きとか嫌いとかどうでもいい、なんかあれ、アタシ死んでくねんで、死んでくねん、忘れてんなや、あの時あの場所で同じ空気吸ってた誰か、アタシが覚えてない奴覚えてない誰か、高校の時、誰おった、あ行から、アキモト、おおう野球部のアキモト、イナバ、カワラグチ、キベちゃん、ヒカリ、マヤ、サワタリ、シロタ、セキカワ、ソヤ、オホーツクさん、オホーツクさんなつかしいっす、オホーツクさん何してんのやろ、あっとクスイおったクスイ、タケダ、タカハシ、トバタ、温泉いったなあ、湯布院、酔っ払った湯布院、どこいったっけ、一番遠いとこ、ナグモ、ケイ、ナズナ、ナガイ、ナガイ二人目、二人おったから、お母さん、アタシのミンキーモモどこ置いたん?死んでくねんで、死んでく、でもおばあちゃんは喋らんかったと思う、多分風景を、セガワ、サクラギ、ハセタニ、ハマオカ、ヤベタ、カワグチ、クロブチ、アリケン、シマムー、カワハラ、スナムラだってするやん誕生日やから、でもお父さんもお父さんやでルミだって、エトウのムカつくとこ、せせらぎがすっきゃねん、まじかよポッポに逃げられた、イワイ、マルオカ、ソシュール先生、もっとおるて、もっとおるって、沢田研二にハマったやん、ほんで、グッズとかあつめてたやん、そんなことばっかり言って、結婚出来やんくても幸せやっちゅうねん、子供産めやんくても幸せやっちゅうか、お前誰やねん肩こったから、ルミばっか贔屓して、お姉さんお兄さんご卒業おめでアタシマラソン大会百二十位、戦争のお話を、行っちゃったね電車、なんかアタシも待とうかな、だってまだまだこの部署に配属させていただきますアタシはもっといる、もっと存在してた、絶対もっと、カジハラ、ヨッチャン、ウラベ先輩、ポセイドン、あれ、なんかおかしない、でもインスタントのゆっくりとした右手にはいつも、いじめられてたってことを知りませんでしたはいはいやってられるかっつうの、ちょっとやめてちょっと、カワサキくん、ちょっと違うとこいこ違うとこうる星やつら見れやんお父さんのタバコの匂い制服に染み付いて取れへんから、アタシなんか初めて虜かもなんか性のなんかやっぱ湯布院行きたいけど、その前髪の部分をもっとこう、イガワ、マスムラ、フジチャンフジチャン懐かしフジチャン、アイダ、モトハラ、モリモトモリモト父、見つからんかったん、あっ、アタシマックシェイクチョコのSサイズ、ねえ、どうするこれから、だってラプラスキターーーー、ラプラスキターーーー、税金てどういうシステムになってんのかこれからアタシはどういうシステムに揉まれて生きていくのか、ヒロシ、セーコ、イナゲヤ、アソ、メーテル、サクラ、ユッチン、コヤマ、ごめん仕事やめてんあっはっはっは、まじか、そこと付き合う、マキマキマキマキー。怖い、怖い、でもあれ、アタシ、あれ、死んでく死んでく、もっとあったもとあった、あったまくるー、ヤマグチトモコとトキワタカコを足して2で割った感じかな明日休みやから泊まりに行っていい?あっ、ビーフストロガノフ、サオトメ、シショウ、ユキネエ、ヨースケの誕生日行ってええ、パオパオ、ねえ知ってるボストン大学の研究チームが十年間かかってたどり着いた答えは、パオパオ、塩味。百円セールやってるー、めばちこ痛い、痛い、いたいよー、会いたいよー、もう部屋入ってくんなや、衝動買いまじで衝動買い、はいはいはいはいすみませんでした、もっと、はいはいはいはいすみませんでした、今日で高校生活とおさらばとなるとアーンパーンチとーきのー過ぎゆくママーにこの身をーまかせーこれブラジャー、酔っぱらっちゃったー、たっまご焼きったっまご焼きっ、しゃあないなあ、ごめんなさい給食費忘れました今度からはえっ部室なんで?なんで?ですから、その紛失物に関しましてはこちらの部署に言われましても日本史苦手―、もっともっともっとしよ、もっとしよ、大っ嫌いイオカ、ミナミを甲子園に、初めて赤点取っても、とってもとってもキャーロビンソンーキャー、お金無いです、ハローナイストーミーチュー、一緒に帰ろ一緒に一緒に飛ぼうてほらーだからそのへんまでにしときって新聞紙でめちゃイケ見た見た。とりあえず、今年、普段からは想像もつか、用、ホットモ、センセ、一人、ヌ、マべべ、たかだか、レス、状、ははは、フェリ、横浜まで、脱して、なんか、てっ、もっと、ア、ルミ、レンコン、玉、伝え、坂を、セ、エベレスト山頂まで、きっと、触っ、ああ、ああ、痛い。気持ちい。

  女、倒れきる。
 
男  あっ、えっ、あっ。間違えた。
 
終わり
 
 
ーーーーーーーーー
この戯曲の感想、意見、アドバイス等、このページのコメント欄にて受け付けています。一言だけでも、長文でも、なんでも、よろしくお願いします。